軍用

昨今の、化学物質の意図的な放出を含むテロ活動の脅威は、世界中で新たな懸念となっています。中東で化学兵器施設が公開されたことにより、これらの脅威が現実に存在すること、世界中で化学兵器が生産され保管されていることが断言できるでしょう。HAPSITE ER化学物質検知システムは、有毒産業化学物質(TIC)だけではなく、化学兵器剤(CWA)の検出、特定、定量化を行います。HAPSITE ERは数分で結果をお届けできるため、重要な決定を現場で下すことができます。特に厳しい状況に耐えるために設計されたHAPSITE ERは、武器施設やホットゾーンの評価、確認分析のために、米国防衛省を含む世界中の政府機関と軍により現在使用されている唯一のポータブルガスクロマトグラフィ(GC/MS)です。化学兵器禁止機関(OPCW)(「化学兵器を取り除くその広範囲な努力」のために2013年にノーベル平和賞を与えられる)は、化学兵器備蓄の廃棄のための取り組みをサポートするために、HAPSITE ERを入手しました。

爆発、一過性または意図しない化学物質の解放、ガスのリーク、または幅広い病気の兆候を引き起こしているなどに対応するとき、レスポンスチームは正確な初期評価を素早く行う必要があります。未知の空気では、本質的に安全な機器が情報を集める際の遅れを避けるために不可欠です。メタンを含む、現場の揮発性有機化合物(TVOC)総量の検出と評価を提供するにあたり、ガスのリークを含む事故対応には本質的に安全なポータブルMicroFID IIフレームイオン化検出(FID)が使用可能です。


HAPSITE ER化学物質検知システム

 

現場の脅威を数分で検出さらに詳しく.


MicroFID IIフレームイオン化検出(FID)

 

本質的に安全なVOC検出さらに詳しく


Inficon MarektSlider